ZU-LOG

ZU-BLO

くだらないことをつらつらと。

舞台 美幸~アンコンディショナルラブを観に行くので予習しました

スポンサーリンク

大島優子さんが2回目の舞台に出演します!!

前回のNo.9も観に行きましたが、初めての舞台とは思えない演技で堂々と演じられていました。 

 

そんな彼女の次の舞台はこちら。

 

美幸~アンコンディショナルラブ

鈴木おさむさん原作

出演は鈴木浩介さん、大島優子さん

 

2人芝居なんですね。

楽しみです!!

 

公演内容はこんな感じ。

残酷ないじめにあい、
絶望から逃れるために心が歪んでしまった少女 美幸。
そんな彼女が大人になり、
すべてを投げ出してでも全うしようとした
「アンコンディショナルラブ=無償の愛」

新聞社主催の書道コンテストで優勝し、メディアに取り上げられて目立ってしまったことがきっかけで、学校で執拗ないじめにあい、ひとりぼっちで悲惨な学生時代を送ってきた美幸。大人になり、会社で出会った元役者、雄星に、自分の過去と同じ境遇を感じて、彼に無償の愛をささげることを誓う。その愛し方は猟奇的でもあり、時にばかばかしいほど滑稽でもあった。やがてその愛はエスカレートし、彼を悲しませる要因となるすべての人々に、彼に代わって秘密裏に復讐を企てていく……。

切なさと悲しさが同居する、狂気にも似た、しかし純粋な、究極の愛の物語。書籍化もされ話題となった鈴木おさむのセンセーショナルな舞台作品がさらなる進化を遂げてよみがえる。

美幸~アンコンディショナルラブ | イベント | 関西テレビ放送 カンテレ

 

 日程はこちら。

[東京]

【日程】
2016年5月12日(木)〜24日(火)[全15回公演]
【会場】
本多劇場

[大阪]

【日程】
2016年5月27日(金)〜30日(月)[全5回公演]
【会場】
サンケイホールブリーゼ

 

東京公演のチケットは売り切れですが、大阪公演はまだあるみたいです。

 

 

舞台を観に行くので原作を買ってみました。

 

Kindle版が出てたので購入しました。

美幸 (角川文庫)

美幸 (角川文庫)

 

 

鈴木おさむさんの奥さんは森三中大島美幸さんです。

本のタイトルが「美幸」なので大島さんの話なのかなと思っていました。

 

全く違いますね!!

なんだろう。読み終わった時のモヤっと感。

復讐劇なんですがスッキリしません。

 

公演内容とほぼ一緒のストーリーなのでこのまま舞台化されるのかと思うとぞっとするような場面も沢山ありますね。

 

ただ、書いているのが放送作家さんなので「顔晴」とかの言葉遊びは面白かったです。

 

舞台は2人芝居ですが、原作には多数の男女が登場しています。

大島優子さんは美幸役だけだと思うのですが、鈴木浩介さんは一体何役やるのでしょうか。

そういった部分も見ごたえがありそうで楽しみです。

 

原作は読んでおいたほうが良い?

私はどの作品も待てなくて原作を読んでしまうタイプなのですが(笑)

この作品は読んでおいた方がよいかもしれません。

 

舞台だと細部まで描くのって難しいと思うんです。

ある程度内容を入れて観に行ったほうが、美幸の気持ちとか細かいところまで想像できるようになって楽しめると感じました。

 

ハラハラ感を楽しみたい人は読まないで行ったほうが驚きがあって楽しいかもしれません。

 

美幸~アンコンディショナルラブ、もうすぐ始まります。

また観に行ったら感想を書きますね。